FC2ブログ
2017/08/05

エアー消費量を減らしましょう   

みなさん。こんにちは!!

サンドウィッチマンにはまっている大庭です。

台風5号は迷走して九州・沖縄地方に向かいました。
大きな被害が出ない事を祈るばかりです。

さて本日は真面目なブログを・・・
最近、お客様によく聞かれる事!!

それは

どうしたらエアーの消費量を減らせるのか?     です。

それは一言では言い表せないので4つのポイントにまとめてみました。

1.あなたのウエイト量は適正ですか?
着てるスーツの生地・体格・肺活量・タンクの種類などでウエイト量は変化します。
1番簡単な方法は足がつかない水面に縦の姿勢で浮かび足の動きを止めます。
BCDの空気を全部抜いた時に体が沈んでいくようだとウエイトは重すぎ!!
適性のウエイト量だった場合は水面が目の高さで止まります。
後は呼吸で身体を沈めていきます。
必要以上のウエイト量で潜ると水中でBCDに空気を入れる機会が増えます。
当たり前の話ですがBCDに入る空気もタンクの空気を使用するわけですからエアーの減りは早くなります。ちなみに押す長さにもよりますが1プッシュで2呼吸くらいのエアーを使うと思って下さい。

2.浮力コントロールは出来ていますか?
ダイビングはどの水深にいても息を吸った時に浮き息を吐いた時に沈む状態でなければいけません。
ということは吸った時に浮かなければBCDに少し空気を入れる。吐いた時には沈まなければ空気を少し抜きます。主に水深が変わった時にその操作が必要になります。
ここで注意してもらいたいのが身体が浮かびそうになった時にすぐ空気を抜くのはNGです。
浮きそうになった時にまずやらなくてはいけないのが息を吐く事です。
なるべく呼吸で解決する!!ここがポイントです。
浮いた時に抜いて沈んだ時に入れるとずっとBCDに空気を入れたり出したりしないといけなくなります。
201707245.jpg
3.無駄な動きはしていませんか?
50Mを全力で走った後の呼吸を思い出して下さい。
動きが激しいのに呼吸は一定。というのは不可能です。
一定の呼吸ペースを維持するためには一定の動きをする事がとても大切です。
常に呼吸が乱れない様に動いて下さい。
例えば流れがあり呼吸が乱れそうになった時には岩につかまる。
潮の影響をなるべく受けない様に大きな岩の陰に入るなどです。

4.泳ぐ水深は深すぎていませんか?
根のトップが水深10M。根の底が水深30Mのポイントがあったとしましょう。
こんなポイントでとても重要なのは水深です。
10Mの根頭で遊んでいる人と水深30Mで遊んでいる人。
どのくらいエアー消費が変わってくるかと言いますと何と!!2倍です。
水深10Mで遊んでいる人が50気圧のエアーを消費してると例えると30Mで遊んでいる人は100気圧
消費することになります。もちろん深場に珍しい生物がいたら写真も撮りたいでしょう。
ただ目的無く深場に留まるのは避けた方が良いでしょう。

この4つを心がけると見違える程、エアーが残ると思います。

フリースタイルでも中性浮力のスペシャルティーコースをツアー時に開催しています。
このコースを受けて頂くと確実にエアーが残るダイバーになるという自信があります。
エアー消費・潜り終わった後の脱力感などでお悩みの方は是非、受講してみてくださいね。

日帰りツアー開催情報            
8/6(日)西伊豆ポイント  残席あり
8/8(火)その日良さそうなポイント  残席3名
8/10(木)西伊豆ポイント  残席5名
8/11(金祝)大瀬崎2ビーチ  残席あり
8/12(土)その日良さそうなビーチポイント  残席あり
8/13(日)大瀬崎1ボート1ビーチ  残席あり
8/14(月)伊東2ボート  残席あり
8/15(火)富戸2ビーチ  残席あり
2017年BIGツアー開催情報
9/16~18(土~月祝)伊豆諸島式根島ツアー    開催決定
10/7~9(土~月祝)八丈島ツアー         開催決定
11/2~5(木~日)石垣島マンタツアー       開催決定
11/24~28(金~火)セブジンベイザメツアー    開催決定
12/21~24(木~日)Xmas奄美大島ツアー
2018年1/23~27(火~日)パラオツアー
2018年2月 3泊4日 沖永良部クジラツアー企画中
上記以外も日程・ポイントのリクエスト大歓迎です!

ダイビングショップ フリースタイル
〒420-0038 静岡市葵区梅屋町3-10-1F
TEL&FAX 054-686-2068
WEB:
divingshizuoka.com
Email:divingshizuoka@gmail.com
ダイビングショップ フリースタイル
〒420-0038 静岡市葵区梅屋町3-10-1F





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント